新・活字ホルダー

さてこれまで使っていたゴム印の印字ムラが激しくなってきたので、次は劣化しにくいもの、文字輪郭がくっきりとスタンプできるものを探していました。

イメージは昔の印刷所で使われていた金属製の文字印(メタルスタンプと呼ばれているらしい)なのですが、そんな時たまたま打合せに通っていたクライアントのご近所に昔ながらの活版印刷店を見つけ、思い切って直接伺って相談してみることに。

活版屋のおじさん曰く「活版活字をスタンプ代わりにするのはいいんだけど、それだけでは組めない(結束できない)ので「活字ホルダー」を使うしかない」とのこと。「今だったらうちで予約すれば1ヶ月待ちでできるよ」といわれその場で注文。

当初頼めば好きな字体フォントで活字を作ってくれると思っていたのですが在庫フォントしか対応できないとのことで、次回「活字ホルダー」を受け取りに行ったときにその場で選んだフォントで文字を組んでもらうことになりました。

RIMG1583

在庫フォント一覧表から選んだフォントは、ずいぶん迷ったんですが最終的に発注者名を活字にしてくれる標準サービスに使われたフォントと同じフォントにして、上段に事務所名、下段にホームページURLを組んでいただきました。

RIMG1575

基本は字幅どうり並べ、ところどころ調整用のスペース板を入れて上から横から締め上げてます。

RIMG1576

著作権表示を表すc という文字が同フォントに無かったので、それだけは別在庫フォントを探してもらい代用しました。

RIMG1582

また活字を保護する収納ケースとして、ペンケースとして余っていた木箱が手元に転がっていたので代用してみることに。

RIMG1581

活字ホルダーを分解して収めてみるとこれが計ったようにピッタリでびっくり!

RIMG1580

蓋を閉めたときもまたピッタリ収まったことに二度びっくり!

RIMG1664

今後活字を買い足した時、木箱の蓋を活字配置作業台として使えるよう、竹定規柄のマスキングテープを貼ってみたり・・。

RIMG1579

それにしても金属と木の質感がとても良い!

RIMG1584

さあうまくスタンプできるでしょうか?

試行錯誤はつづく。

 


Posted in ライフスタイル, 事務用品.

One Comment

  1. Pingback: iPadminiケースに刻印してみた | ロッポンギアーキテクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です