愛用昭和家電 vol.1

中国人観光客の“爆買い”の影響で炊飯器が例年の2~3倍売れていると去年はニュースでよく聞いた気がします。

以前よく通っていた近所の居酒屋で中国人のバイトの女の子に、なんで中国人は土産に炊飯器をたくさん買うの?って聞いたことがあったのですが、彼女曰く「ほしいから買う。あなたも欲しいものがあったら買うでしょ。それと同じよ」と。

欲しい炊飯器があったら家電量販店(もしくはAmazon)で吟味して1台だけ買う。旅行先で、それも2台以上買わない。買わない。もしかしてマンションとかもそんな調子で爆買いされたら建築業界にも何か恩恵があるかもね(苦笑)。

さて前置きが長くなりましたが、自分の炊飯器はかれこれ30年以上使い続けてます。

ナショナル電子ジャー炊飯器 SR-2065FT 3合炊き

image

小さいのにタイマーまで付いていたのは当時はめずらしかったと思います。

image

デビッド・ボウイの稲妻メークは、昔彼が来日したときに目にしたナショナル炊飯器のマークにインスパイアされたかららしい。

image

周波数は購入した東海地方仕様で60Hzです。

image

この小ささで蒸気が抜ける穴も付いてました。

image

茶色くはなったけどあまり劣化していないシリコンパッキン。年季が入っていてちょっと恥ずかしいー(^_^;)

image

ハンドルががっちりしているところが今に無いデザインポイントかな。

image

使い続ける理由は「すぐ炊ける」の一言に尽きる。

圧力式なのでスイッチ入れたら20分後にはもう炊けてる。

タイマーは周波数の影響で若干誤差はあるけど、御米を水に浸す時間がずれるだけで問題ナシ。

炊き立てをすぐに食べれちゃうと「レンジで炊けるサトウのごはん」はいらなくなる。

高校卒業して上京するときに地元の金物屋で売れ残りの展示品を格安で買った。正確に言うと炊飯ジャー。炊けたら保温も出来るんだけどできれば炊いたら食べ切って、その都度炊く。

早く炊ける理由はたぶん圧力鍋の原理だと思う。蒸気抜きがあるから。

ご飯が炊けるまで20分以上かかると家でご飯食べるのがまどろっこしくなる。

一度だけ他の炊飯器に浮気したことがあるんだけどなかなか炊けなくてイライラして友人にあげちゃった。

プラグが壊れて修理に持っていった浜松町にある松下の修理窓口ではとりあえずまだ使えるますよと。いいですね、松下。そろそろ使用止めてほしいと責任転嫁しつつも、長く使ってくれてありがとうっていう顔してた。

 


Posted in ライフスタイル, 家電.

2 Comments

  1. はじめまして、驚いたことに私もお炊飯器を使っています。
    私は、昭和55年に大学生の時、父に買ってもらいました。当時としてはかなり高かったと思います。(3万円超)
     この炊飯器で炊くと必ずおこげができて、おいしいんです。そして早いんです。タイマーも保温もできるので、何も不自由ありません。とにかく壊れないでほしいと願いつつ毎日使っています。同じ炊飯器を持っている方がいらして、うれしいです。

    • きょうこさん、コメントありがとうございます。
      自分も驚きました。まさかこんな古くて珍しい炊飯器を持っている方が他にもいらっしゃるなんて。それも今でもちゃんと現役で使われているだなんて・・・ちょっと感動。
      自分は昭和58年に箱なし(たしか8千円くらい)で買ったのでまさに売れ残り品ですね。
      特におこげが出来やすいわけではないですが、きょうこさんも早く炊けていると聞いて少し安心しました。
      周りからはなんでそんなもの紹介するんだと冷ややかに見られてましたが、やっぱりブログに載せて良かったです。
      お互いいつまでも故障せず長く使い続けられるといいですね。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です